神社参拝でやってはいけないこと7選

初めて神社参拝に行く時に、

やりがちだけど、実はNGな行動を7つピックアップしてみました。

神さまに『なんだ、あいつ! 失礼なヤツが来た!』って思われないように、

ご注意くださいね。

基本的に、神社は「仲良くなりたい人の家」だと思ってください。

くれぐれも、どうでもいい人の家ではないですよ。

鳥居スルー

仲良くなりたい人の家に、黙っていきなり入り込まないですよね?

無言で、玄関のドアをあけたりしないですよね。

そんなことをしたら、家の人は警戒するか、隠れるか、

加入してれば、セキュリティが飛んできますよ。

これからご神域に入れていただくんですから、

声は出さなくていいので、鳥居をくぐる前にはペコリと頭を下げて、

ご挨拶をしましょう。

そして、参道を通って拝殿(本殿)へ向かいます。

ここも真ん中は神さまが通る道だから通らないようにって言われています。

仲良くなりたい人の家に行って、いきなり家長の席に座らないですよね。

先方から「こちらへどうぞどうぞ」と言われたら、

そこでようやく「では、失礼して…」みたいな感じですよね。

自動的に参道に並ばされるお正月の明治神宮とかは、そんな感じです(笑)。

そして、黙って帰らない。

誰が居ても居なくても「お邪魔しました!」くらい言いますよね。

帰る時も、鳥居をくぐる時にはペコリッとご挨拶しましょう。

拝殿スルー

仲良くなりたい人の家へ入ったら、まず、ご家族に挨拶しますよね。

誰かいるのに、無視とかしないですよね?

昇殿参拝などをする場合は、いきなり祈祷受付へ行くのもアリですが、

境内のどこかのパワースポット的なところが目的で、

挨拶もしないでそこへまっしぐらとか・・・フツーに失礼でしょ。

順序的に、絶対拝殿ファーストじゃなくても大丈夫です。

祓戸社のように、拝殿に来る前にお清めしてから来てね~!

って設定をしている神社も多々ありますしね。

というわけで、

おみくじをひくとか、お守りを買うとか、御朱印をいただくとか、

その辺のことは、お清めじゃないんだから、

そんなんは、やるとしても、ご挨拶してからね~!

という話です。

しめ縄スルー

神社のしめ縄は、境界をあらわします。

鳥居にあるのは「ここからはご神域だから穢れを祓ってね」的な意味だから、

鳥居(門)にしめ縄があったら、

積極的にその下を通ったほうがいいくらいなんですが、

境内に、明らかにここからは入っちゃダメよ~と言わんばかりに、

しめ縄が張ってあるところがあります。

そういうところへは、入らないこと。

つまり、しめ縄が巻かれているご神木に、直接触るのもやめてくださいね。

木にしめ縄が巻かれていると「ご神木=エネルギー強いんだ~」的に思うのか、

触ってエネルギーをいただいちゃお♪ って思うクレクレさんがいらっしゃるようですが、

入ってきちゃ(触っちゃ)ダメだってことで、

しめ縄が張ってありますからね。

後でガツンとやられても致し方なしです。

ダミーであっても、しめ縄があったら触らないこと。

若い女子であっても、ダメです。喜びませんよ。逆セクハラです。

年齢・性別・美醜などで忖度はされませんので、アシカラズ。

写真を撮ってSNSにアップする

基本的に、拝殿などは神さまがいらっしゃるかもしれないので、

写真を撮らないほうがいいです。

七五三やお宮参りなどもありますし、

神社からOKされてる場合はアリですが、

神さまがいるかもしれないようなところの撮影は、やめたほうがいいですね。

どこに神さまがいるんだかよくわからない場合、

特に拝殿周辺での撮影行為は、まるごとやめたほうがいい。

お着替え中だったらどーするんだwww

参拝記録を写真に残したい!という場合も、

鳥居の外から撮るくらいで十分でしょう。

そして、挨拶もしないうちに外から写真パシャパシャ撮られて、

家の方はイイ気しますかね? しなくないですか?

なので、鳥居の外からであっても、参拝(挨拶)もしないうちから

写真をパシャパシャ撮るのも、私はオススメしないです。

神社の写真を撮るなら参拝後に鳥居の外から!くらいで。

そして、記録として残したとしても、

それをあまり広く拡散しないほうがいいです。

考えてみてください。

家の写真がSNSなどで公開・拡散されたら、イヤじゃないですか?

参拝に来ました! 拝殿と私(はぁと)みたいな投稿写真をたまーに見かけますが、

見せるのは、せめて友だちや仲間内くらいにしておきましょ。

もう載せちゃってるし、水を差したくないから言わないけども。

既にやらかしちゃいました?

だ、大丈夫。関係性にもよりますよ。

何回も来ている人なら、まぁまぁ。

私だったら、まったく見も知らない人がやっていたら、

家の外に変な人がいます! って通報する案件です(笑)。

だって、変態さんやドロボーの下見とかだったらイヤだし。

悪意なくやっちゃったーって場合は、

直接謝りに来られても許さない! ってほどは怒らないと思いますが、

1回来ただけなのに、あまりに調子に乗ってたら怒るかもなァ。

ま、その辺りの関係性は、ケースバイケースですよね。

ん? 明るいうちに撮りたい?

そもそも暗くなった時間帯の参拝はオススメしないので、

ご挨拶してからで、無問題かと!

え? 投稿するネタがない?

神社参拝後の直会写真でもアップしておいてください(笑)。

美味しそうな飯テロ写真で、みんなもきっと幸せ♪

境内に動物を連れていく

神社にペットは連れていかないほうがいいですね。

例えば、犬のお散歩ルートの途中に神社があるよ~という場合、

少なくとも参拝の間は、鳥居の外につないでおいてくださいね。

ん? かわいそう?

例えば、犬を連れていくと弱ると言われている神社もありますので、

どちらがかわいそうなことになるのかは、なんとも・・・ねぇ。

というわけで、ペットが大事なら、尚更やめたほうがいいですよ。

え? 誘拐されるかもしれない?

そもそもお散歩と参拝を、無理に兼ねなくてもいいと思います(笑)。

そこに本当に祀られているご祭神がどなたで、

その眷属が何で・・・まで分かっているならアリ

・・・かなぁ? ・・・どうかなぁ?

でも、そこまで分かってる方だったら、

そもそも動物を境内には連れていかないって選択をする気がしますけどね。

今は、あまりリアルファーを身につけている方も少ないかもしれませんが、

毛皮や皮革も、まんま動物(の一部)です。

ご神域にあるものを持ち帰る

神社やご神域にあるものを持ち帰ってはいけません。

ドロボーです。

賽銭箱は、フツーに犯罪ですから論外としても、

水とか、砂とか、石とかもね。

あるからって、勝手に持って帰ってはダメです。

仲良くなりたい人の家で「そこにあったから」って理由で、

勝手に何か持って帰ります?

割と、ドロボー案件ですよね(笑)。

仲良くなりたい人の家に行った記念って理由で、

勝手に何か持って帰ります?

それも割と、ドロボー案件ですよね。

神社から許可されているものはOKですので、

お水やお砂などに関しても、その神社のルールに従ってくださいね。

一番厄介・・・もとい、注意が必要なのは、

ご神域がどこまでかよくわからない富士山。

靴底に土や砂がついたまま車に乗った場合、

勝手に持って帰っちゃった!ってことにもなりかねません。

ですので、車や電車に乗る前には、きちんと土や砂を落とすことをオススメします。

これは、日常行動にも落とし込んだほうがいいですよ~!

そんな潔癖症みたいに構えなくてもいいと思いますけども、

富士山のご神域は、一体どこまでか分かりませんからね。

喪中に伊勢神宮へ行く

例えば、親・配偶者・子どもが亡くなった場合、

「忌中」は七七日(=四十九日)、

「喪中」は一周忌までの一年間をさしますが、

これは、その方との関係性により、日数が変わります。

近親者や親しい方が亡くなった際の神社参拝についてですが、

神社から出ている暦には「服忌」という項目で、

『この関係性の方が亡くなったら、この期間は参拝NGですよ』

という記載があることも多いので、

神社の暦をお持ちの方は見ていただくといいと思いますが、

親・配偶者・子などは「忌」の期間と言われる「50日」がNGと記載されています。

四十九日のことですね。

ただ、「忌中」ではなく「喪中」の期間、参拝してはいけない神社があります。

それが、伊勢神宮です。

ホントさ・・・「忌」ではないから「服忌」のところに書いてないっていう、

日本ゴトあるある。

今に始まったことではないヤツですね。

他の神社は「忌中」を避ければいいと思いますが、

伊勢神宮は「喪中」を避けてくださいね。

また、寒川神社のさがみ暦には

「服忌期間については地域の慣例がある場合はそれに従う」

との但し書きもありますので、

地域の慣習との差や違和感を感じたら、

在住地域の神社の暦は持っておいて、確認するとよいかと。

忌中があけたら、なるべく早いうちに氏神神社へ行くことはオススメです。

氏神神社については、こちらの記事をどうぞ。

行ったほうがいい神社、行かないほうがいい神社
目次
・行ったほうがいい神社
・行かないほうがいい神社
・ちょっと注意が必要な、独特なルールの神社
・神社の分類
・有名な神社に参拝するということ
・災害対策にもなります
・お賽銭の意味と金額
・では、お寺はどうなのか?
・ここだけは安易に行かないほうがいいところ

投稿者プロフィール

魔女
魔女遠山志野
サンビオーズ・デ・タラン株式会社 取締役魔女(社長)
東京都世田谷区在住

魔女歴15年目。家系図では日本人、遺伝子はオランダ人約8割。前世は黄金の袈裟を着て歴史書を書いてた僧侶。個人のポテンシャルを最大限に活かすサポートが生業。

プロフィールの続きはこちらから

無料メールマガジン登録

無料メールマガジン 魔女の手紙